スカイプ初心者の方はこちらをご覧下さい

スカイプによる不動産鑑定士相談が会員の方は無料で
受けられます

 

 

土地を お持ちの方が直面する相続・節税の対策を列記してみました。

 

 

 

※資産評価と相続税対策のために役立ちます
◆ 生産緑地宅地並評価版 ◆生産緑地農業投資価格版

相続開始後の節税策

@小規模宅地の評価額を摘要する土地の選択
(規定)
相続開始直前において、被相続人もしくは被相続人と生計を一にしていた被相続人の親族事業又は準事業の用又は居住の用に供されていた宅地等のうち一定の面積について50%又は80%の減額をする。
  • 被相続人の自宅の土地なら240uまで80%評価減
  • 賃貸住宅の敷地なら400uまで50%評価減
  • その他の事業用土地なら400uまで80%評価減
A遺産分割割合の工夫
  • 配偶者の取得額が2分の1又は1億6千万円以下なら配偶者にかかる相続税は全額免除される。
  • 二次相続と合わせて検討しなければかえって高くなる。
B農業相続の選択
  • 採用する農地を選択できる。
  • 冷や汗をかいたこと。

生前対策すれば相続税はいらない!

生前に財産の一部を渡しておく方法
C生活費の贈与
(贈与税の非課税規定)
扶養義務者から生活費又は教育費として贈与を受けた財産のうち通常必要と認められるもの
  • 贈与をうけた金の流れを明確にしておくことが不可欠。
D110万円の贈与税の基礎控除を利用する。
(規定)
贈与税については、課税価額から年間110万円が基礎控除される。
  • 名義借りにならないように受贈財産を管理すること
  • 定期金にならないように時々金額を変えること
E配偶者への2000万円贈与
(規定)
婚姻期間が20年以上である配偶者から、居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭を贈与により取得した場合には、課税価額から2000万円が控除される。
  • 採用する農地を選択できる。
  • 冷や汗をかいたこと。
F相続時精算課税の利用
(規定)
贈与した年の1月1日現在で65歳以上の者が同日において20歳以上であるそのものの推定相続人で直系卑属に該当する者に対して財産を贈与した場合2500万円(3500万円)の特別控除額を控除する。
  • 期限内申告を忘れて身体が震えた姑
  • 以後暦歴110万円は使えない。
  • 相続開始まで管理が必要。
G不動産保有会社設立
  • 土地は個人(被相続人)から賃借し地代を払う。
  • 相続人等を役員又は従業員として雇用し給与として現金をまわしておく。
  • 土地は小規模宅地の評価減の対象
相続時に非課税財産になるように財産の形を変えておく。
H生命保険金
(非課税規定)
各相続人が取得した生命保険金などの合計額が非課税限度額(500万円×法定相続人の数)以下である場合
I退職金(小規模企業共済)
(非課税規定)
各相続人が取得した生命保険金などの合計額が非課税限度額(500万円×法定相続人の数)以下である場合
相続時に課税されない財産に変えておく。
J自宅のリフォーム(修繕)
K墓地、仏壇、仏具等
相続財産の評価を下げておく。
L現預金で土地又は建物を購入する
  • 購入した時点で約50%の財産評価額に下がる。
M自用地を貸地にする。
  • 貸宅地(借地権なし)なら5%評価減
  • 貸宅地(借地権の目的地)なら50%(岡山市)の評価減 但し、半永久的に自分の管理外におかれる。
  • 一般定期借地(平成10年1月1日以後の特例) 借地権割合の区分により25%〜45%を控除した額
N自用地に貸家(集合住宅)を建てる。
  • 貸家建付け地として15%の評価減

2.先祖様が作って下さった資産を次世代へ大切に継承したい。

相続税の納税資金を生命保険で準備しておき、相続税を納めるために土地を売却することのないように遊休地は固定資産税がかかるだけだから有効利用を図るべき。

利用法の提案
@法人設立して集合住宅経営をまかせる。
A自ら集合住宅を建築士経営する。(一括借上げでリスクヘッジ)
B自ら集合住宅を建築士経営する。(建物の信託?)

3.早めの相続計画

貸家建付け地として15%の評価減
生前対策すれば、相当多額の相続税の節税が可能です。
未来会計の手法を利用してあんしん生活を。